みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

結婚式の友人スピーチで大緊張

友人代表スピーチで

ゆきゆこ

ゆきゆこ さん(40代 女性)

先日の結婚式の友人スピーチは、
今までにないほどの緊張を覚えました。

20年間専業主婦で、人の前に出る機会など
全くなく過ごしていましたから、友人に頼まれたスピーチは
正直大きなプレッシャーでした。

なかなか断れずに引き受けたものの、
さて、どのような原稿を作り、スピーチをするか
式までの一ヶ月とても悩みました。

一番困ったのが、ここ何年も結婚式にお呼ばれしていなかったので、
最近の結婚式事情やスピーチがどう変化しているか
検討がつかなかったということです。


詳しそうな人たちに聞いてみても、
今一、イメージが掴めませんでした。

今はネットなどでもスピーチの例などが載っていますが、
ありきたりのものが多く、もっと新郎新婦のために
メッセージ性のあるものにしたかったのですが、
それも考えれば考えるほどに難しいものでした。

それでも、なんとか、文章を考え、何度も本番を想定して
時間を計りながら練習しました。

しかし、実際に披露宴の雰囲気は
その場に行ってみないとわからないところがあります。

あまり真面目すぎても面白くないし、楽しく話したつもりが、
しらけてしまうことだってあるはずです。

上手にその場を切り抜けられるか、
こんな度素人の私にはあまりに高いハードルでした。

結婚式当日

そして、当日を迎えました。
式、披露宴は和やかに進行していました。

式場の方から、
「〇〇さんのご挨拶の次になりますので、
スピーチよろしくお願い致します。」
と事前に言ってくださったので、私はそのつもりで、
食事にも殆ど手をつけないまま、その時をじっと待っていました。

私の番はあと2人先。緊張はしていたものの、
まだ心にわずかの余裕はありました。


と、その時でした。

「申し訳ございませんが、順番を入れ替えさせて頂きます。
〇〇さん、お願いします」

呼ばれたのは、私でした。
まさかの展開にびっくり!

とりあえず、椅子から立つも、よろけてしまい、
舞台まで歩く足が重いこと。

そして、目が開けられないくらいの照明が私に当てられました。
目の前も頭の中も真っ白でした。


何をどうしゃべったのか、しゃべれていたのか、
どれくらいの時間が経ったのか今だに記憶がありません。

ただ、覚えているのは、カメラマンのシャッターの音。

スピーチが終わり、席につきましたが、
しばらく放心状態でした。

その後の食事も全く進みませんでした。


数日後、その新郎新婦さんから、
スピーチしている私の写真が何枚か送られてきました。

その時に添えられていた手紙に、
「気持ちがとても伝わってきて、
嬉しいスピーチだったよ。ありがとう」
と書いてありました。

その手紙を読んで、やっと私の中で
大きな仕事が終わったという気がしました。

上手にはできなかったけど、気持ちが伝わったことが、
何よりうれしく感じられました。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional