みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

会社の朝礼で1分間スピーチ

朝礼のスピーチ

ちびちび

ちびちび さん(30代 女性)

会社の朝礼の時、1分間スピーチをしないといけない当番が
何度も回ってきていました。

当初、お題は自由で好きな事を話して良かったので、そ
れなりに良い緊張感で大勢の社員の前でスピーチ出来ていたのですが、
方針が変わり、業務中に他の社員がした良い事を褒めるという
スピーチ内容に指定されてしまいました。


それからと言うもの、そういう場面を見つけるのも大変で、
なかなか自分の中でもスピーチ内容が定まらず、一度スピーチ中に
次に話す内容をポッカリ忘れてしまったことがあり、
それからと言うもの、ものすごくスピーチが怖くなり、
毎回声が震えて喉の奥でつまり、息も出来ないくらいに緊張する状態で、
先輩にも心配されるほどになってしまいました。

親友の結婚式で

それ以来、大勢の人前で話すのがとても苦手になり、
声が出なくなるのではないかという恐怖との戦いで、
結婚式のスピーチを頼まれても断るようにしていたのですが、
親友の結婚式だけは断りきれず、スピーチをすることを決意しました。

何も見ずに会社のようなスピーチをすると、また話す内容が吹っ飛んでしまって
緊張で声が出なくなっては大変なので、手紙を読むと言う形にして、
紙を見ながら読み上げ、さらに声が震えているのをごまかす為に、
泣いているふりをしてなんとか乗り切りました。


クロの一言メモ

ちびちびさんの気持ち、すごーく分かります!!

私の体験談でも書かせて頂きましたが、私の以前勤めていた会社でも
毎朝朝礼での一分間スピーチがあり、2ヶ月に1度はその順番が
自分にも回ってきました。


私の会社の場合は、内容は自由でもいいけれど、その話を
普段の仕事にからめて話すという、暗黙のルールがあり、
それがとっても難しい!

しかも、私は大勢の前で自分の発言をしようとすると、
声は震え、顔は強張るという症状に。

緊張したかっこ悪い姿を見られるのが嫌で嫌で、毎回地獄の苦しみでした。


私も一度真っ白になってから、余計に恐怖心を感じるようになって
緊張がそれまでよりも増したように感じた事を覚えています。

1分間が、人生で考えれば、一瞬中の一瞬の出来事なのは分かっているんですが、
身体が勝手に反応してしまうんですよね。

仕事は嫌いじゃなかったし、職場環境もすごく良かったのですが、
唯一この朝礼のスピーチだけが、職場での嫌な思い出となりました。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional