みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

バイト先からの電話

バイト先からの電話

莉子

莉子 さん(10代 女性)

基本的にそうめったなことでは緊張はしないのですが、
ある時だけはとてもカチカチになってしまいます。

それは、バイト先から電話がかかってきたときです。


学校帰りに、のんきに電車に乗って、家に帰ったら
あれをしようこれをしようと考えているときに、電話が鳴り、
しかも相手が「バイト先」だった時の恐ろしさたるや…。

何かやったかな、それとも人手が足りないから
今から出てこいとかかな、勘弁してくれ、とモヤモヤします。

しかも電車内なので、電話を掛けなおして要件を聞き出すことができません。


自分がきわめてリラックスして、外界との交流を絶っているときに
バイト先から電話が掛かってくると、今まで浸っていた気分が
見事に壊されるので、もういっそiPhoneを壊したくさえなります。

放っておいてくれ、という気持ちになってしまいます。

そもそも、メールではなく、すぐに考えて
すぐに返事をしなければならない電話が苦手なのです。


今までリラックスしていた分、いきなり嫌いな行為を
強要されるのですから、緊張しないわけがありません。

バイト先から掛かってくる電話など、ほぼ100%の確率で
自分にとっては嫌なことですからなおさらです。

「商品余ったけど食べる?」などという明るい内容であるわけがありません。


そして、一番緊張したのは、とうの昔に関係を絶ったバイト先からの電話でした。

掛け間違いだとの留守番電話が残されていたので
よかったですが、本当に止めてほしいです。

もう何の関係も持ちたくないのに、とテンションが一気に奈落の底に落ちます。


のんびりした自分の中の時間を一瞬にして壊されるので、
今も昔も、友達以外の相手からの電話は嫌いです…。

実際に現場にいる時ならば、頭がバイトモードに切り替わっているので
電話など平気ですが、家でリラックスしている時は切り替えが簡単ではないのです。

これが友達からなら喜んで応じるんだけどなあ、毎日のように
会社から電話を受けている人は、どんな気分でいるんだろう、
と時折考えます。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional