みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

引っ越し後の学校行事

引っ越ししてからの生活

MM

MM さん(40代 女性)

最近引越してきた私たち。子供は小4と小1。

転校と入学でさぞかし子供は大変だろうと思っていたら、
意外にすぐ馴染んでしまい驚くばかり。

けれど、学校に呼ばれる私は緊張しっぱなし。
常にアウェー状態で、本当に嫌です。

なんだかわからないけれど、とにかく学校に行く用事が
やたらとたくさんあるので、しょっちゅう嫌な汗をかく日々。


初めの懇談会では、1歳の娘を託児室に預けていきました。

時間が決っているのに、クラス役員がさっぱり決まらない。
みんな急に下を向いて先生と目を合わさない嫌な時間。

そして、お迎えの時間が1分・2分と過ぎていきます。

もう、嫌な汗は全身から吹き出し
思わず手を挙げ言ってしまった一言・・・。

「私でよろしければやらせていただきます」

あーあ、大後悔。知ってる人もいないのに
そんなの請け負っていいのかしら?


その後も続く学校行事。

運動会はまだよかったのです。知らない人ばっかりでも、
主人も一緒なので家族で盛り上がれます。

学校公開日。これは若干緊張しました。
学校開放日ってご存知ですか?

1日中、学校を公開してくれる日です。
どの授業を観ようと、どの学年を参観しようと自由。
休み時間も給食も参観していていいのです。


となると、子供は長い時間観ていてほしいと思うもの。
しかし、知り合いもおらず「ぽつねん」としながら
ずっと授業を眺めているのは結構苦痛なのです。

他のお母さんたちは楽しそうに、歓談しながら
子供の様子を眺めています。

しかし、私だけはまるで異空間にいるかのような雰囲気。
馴染めない自分に緊張してしまいます。


そして、緊張が最高潮に達したのはクラス親睦会。

平日の午前中にお母さんたちだけが集まって
親睦を図るというもの。

正直、「初めまして」な人たちが30人も集まる空間で
他愛もない、当たり障りのない話を考えて
話さなければならないという緊張空間。

しかし、欠席という返事のかけない私は
出席に丸を付けてしまう体たらく。

結局、緊張しながらちょっと余所行きモードで
お話ししましたが、登場人物多すぎでまったく覚えられず。


最近では、全く記憶にない人から道端で手を振られるようになり、
「今の方はどなただったかしら?」と新たな緊張が生まれています。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional