みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

坂道発進で大緊張

坂道発進で

みるみん

みるみん さん(40代 女性)

私が緊張してしまう瞬間は毎日乗っている愛車での坂道発進です。

私が乗っている愛車はダイハツのコペンという可愛いオープンカーです。
せっかくの楽しいオープンカー。


オートマじゃなくマニュアルにしたらもっと楽しめるぞ!と
クルマは絶対マニュアル派の主人に勧められ不安ならがも購入。

何が不安だったかというと、坂道発進。


思えば自動車教習の時、坂道発進ができず、いつも失敗しては
ズルズル下がってしまいヤクザみたいな先生から
めちゃくちゃ怒られ、すっかりトラウマになってしまいました。

だから初めてのクルマからコペンの前までのクルマは全てオートマ。
でも主人のマニュアルのクルマの助手席いると、
すごく運転が楽しそうに見える。


ああ、クルマを自分で操るってこんな感じなんだなぁと。

「マニュアルって楽しそうだよね?」
と主人に聞くと
「当たり前だ。マニュアルじゃないとクルマじゃないね。オートマはおもちゃだ」
とバッサリ言われました。

ドライブの大好きな私は何だか負けたような気分になり、
悔しい思いをしていました。


なので、新しく買うコペンはマニュアルにしよう!と決断したわけです。
コペンは可愛いオープンカーで本当に楽しいし最高です。幸せです。

ギアをチェンジして上手くつながると何だか愛車コペンが
自分の一部になってくれたみたいでそれはもうオートマにはない最高な感覚でした。

気持ちいいドライブも坂道では・・・

しかし!やっぱり恐怖の坂道発進が運転していれば
どうしても避けれない事があります。

ハンドブレーキをあげながら、緊張しまくり、バックミラーで後続車を見る。

コペンは小さいクルマなので後ろに大きなミニバンなんかがいたら、
ますますそれは大きくみえて迫力を増します。

もうそんな時は倍以上に緊張して信号が青になるのを
ジッと待ちながらハンドブレーキを握る手には汗をかき、
そしてブルブル震え、心臓は飛び出しそうになります。


だいたいの場合は何とか上手くいくのですが毎回毎回こんなに緊張していては
さすがに身体に良くないと思い、最近は主人に隠れてこっそりと
クルマもほとんどこない坂道のある場所にいって訓練するようにしました。

しかし、どんなにどんなに練習してもやっぱり本番になると緊張してしまいます。


この時ばかりは可愛い愛車のコペンでも
「ああ~!やっぱりオートマにしとけば良かった」と
後悔してしまうのでした。



クロの一言メモ

マニュアルの坂道発進、恐怖ですね~。

私はAT限定の免許しか持ってないので、オートマしか運転できませんし、
マニュアル車の操作は詳しく分からないですが、小さいころに、
父の軽トラの横によく乗っていたので発進や停車する時の
ギアの入れ替えの感じはなんとなく分かります。


オートマ車でも、急な坂道で止まっている時、発進しようとすると
少し下がったりするので、私はそれだけで恐怖を感じますw

マニュアル車はもっと大変かと思うと、お気持ちお察しします。

しかも教習所でのやくざ先生から受けたトラウマ。
小さい事でも心に恐怖が刻み込まれたら、なかなか克服が難しいですよね。


緊張というより、これは恐怖症の一種のような気がしますね。

この緊張を克服するには、恐怖症改善の為に何か手段をとるか
…もしくは、次回はオートマ車を買う事が得策かもです^^;


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional