みんなの緊張する体験談や、解決策などをまとめてみました。

自己紹介が苦手

自己紹介 で

剣道大好き

目立たず地味に さん(30代 女性)

極度に緊張しいの私はが一番苦手とするものが自己紹介です。

新生活が始まる際には必ずあって、逃れようがない自己紹介。
これまでも何度か経験してきました。


自分の番が回ってくる間に色々と考えるのですが、
いざ喋るとなるとなかなか言葉が出てきません。

結局考えたことの半分も言えないまま終了してしまうものです。


また、自己紹介って順番も大事ですよね。

一番最初だと考える時間が少なすぎるし、
他の人がどのような事を言うかのリサーチも出来ません。

では後の方がいいのかと言うとそうでもなく、最後になってしまうと
ありきたりな事しか言えないし、緊張感をずっと持ったまま
居なくてはならないというストレスがかかってきます。

緊張しない為の対策

これを踏まえて場数を踏んで得た結論は、自己紹介をする場面に
出くわすと分かっている時は真ん中辺りを陣取るのが一番です。

まずは予防線を自ら引くことですね。
自己紹介は真ん中から行う事はまずありません。
大体両端のどちらかから始めますから。


緊張する場面を少しでも乗り切るために、自らが色々な対策を考え、
対処していく事が大事だと思います。

これからまた行事が増えてきます。

知らない人と顔を合わす事が多くなるという事は、
苦手な自己紹介を行う可能性が出てくるという事です。

何とか頑張って乗り切りたいと思います。



クロの一言メモ

自己紹介の順番が大事なの、すっごくわかります!

結局どこにいても、自己紹介する時は緊張しちゃうんですけど、
長い時間待たないといけないのって、余計緊張具合があがっちゃいます。

それなら最初にふられたほうがいいのかなとか思いますが、
全く言葉がでなさそうで怖い気もしますし。


自己紹介って、新しい環境では必ずと言っていいほど出てきます。

どうしてもそうしなければならない時は、諦めもつきますが、
私は、自らそういう場面に出くわさないように、予防線をはっている気がします。

例えば、習い事や、サークル活動など。


そういう事がありそうな場所を避けているので、
人前でしゃべる恐怖心もなかなか消えないのかなと思います。

この恐怖心を取り除くには、自分から殻をやぶっていかないと
ダメだということは、分かっているんですが・・・。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional